カテゴリー別アーカイブ: 誘惑

ライブチャットのオナニー

 ライブチャットのオナニーって、刺激的でした。
ごくノーマルなセックスしか経験のない自分。
女の子のオナニーには、強い関心は持っていましたが、一度も実際に見せてもらった経験がありません。
ライブチャットのオナニーを見て、ますます異性のオナニーへの興味が強まってしまった感じです。
ライブチャットのオナニーでも満足ではあるけれど、リアルでみてみたい気持ちを強めてしまったのでした。
現在は彼女がいません。
前カノにも見せてもらったことがない、オナニーを実際に目の前でみたい。
こういう気持ちをひたすら強めてしまい、見せてくれる女の子との出会いを探す気持ちを強めました。

 安全に出会いを探せるという出会い系サイトに登録。
見られると興奮する、変態癖の女の子を探していくことにしました。
女の子の数から考えれば、見せてくれる子は必ずいる。
これは確信できていました。
あとはタイミングなどもあるでしょう。
ムラムラしていれば、美味しい関係が作れるかもしれません。
沢山の女の子たちにメールを毎日出しまくっていくことになりました。
オナニーを見るのはライブチャット

 アプローチメールという努力の結果。
やりとりに成功したのが、24歳のOLです。
あき菜ちゃん、前彼に仕込まれたらしくて、男の前でオナニーをするのが癖になってしまっているのだそうです。
かなりメールが盛り上がったため、LINEで通話にもなり、テレビ電話で彼女のオナニーを拝見。
ぜひリアルな世界でとお願いして、待ち合わせに成功です!

 それはもう、考えられないほどの興奮でした。
ホテルの中で、女の子がオナニーを見せてくれる。
見られて感じて、本気でオナニーに集中していました。
激しく指を動かし、腰を動かし、マン汁がタラタラと流れている姿に大興奮。
我慢できなくなり挿入を始めてしまいました。

 念願だった、生オナニーを拝めて最高の経験になり、また継続した関係も作れました。
オナニーをライブチャットで鑑賞
オナ友掲示板

チャットオナニー

仕事辞めて、つなぎのつもりでチャットオナニーのバイト始めたけど、楽しいんだよね~。ラクだし。
ある程度の収入もあるし、もしかしたらチャットオナニーだけで暮らして行けるんじゃない?なんて舐めてたんだ。
チャットオナニー始めて、一カ月くらい過ぎた後から、お客さんが全然つかなくなって・・・
さらにショックなことには、今まで体褒められること多かったんだけど「なんかハラ出てない?」って言われたんだ・・・。
ここ一カ月、あんまり外に出る機会がないから、運動量が少なかったみたい。
それでも食べるから、どんどん太ってきちゃったんだよね。
通勤ってそれだけで結構な運動量になるじゃん。
ジュエルライブの女の子のオナニー鑑賞
満員電車に乗ったり、階段上がったり。
チャットオナニーで仕事しながら、運動量までキープしようと思ったら、並大抵のことじゃないってことに気付いてしまった。
仕事してた時に着てた服を試しに着てみたら、パッツンパッツンになってたんだ。
これじゃ、「デブ」って言われるよね~。
自分じゃ気付かなかったの。チャットオナニーの時って服着ててもすぐ脱いじゃうし!そもそもで家の中でやってたから、ゆったりめの服ばっかり着てたし。
ウエストゴムのばっかり着てると、人間って腹のコントロールができない生き物なんだなとあらためて分かった気がした。
それに待機時間なんかに動画見ながら、ポリポリなんか食べてたし。
あー、こういう生活ラクだけど、ラクじゃいけないんだなって気付いて、就活始めたからね。
エロチャット掲示板
エロい露出狂

クリ責め

僕はカノジョが作るトマトパスタが好きだった。過去形なのはその通りに過去の話だからだ。
僕たちは友達の紹介で知り合って懇意となった。一時期は同棲するくらいまでの仲だった。その頃によく彼女が作ってくれたのがトマトパスタだったのだ。もっとも、そう料理にレパートリーがあった子ではない。それでも、トマトパスタには拘っている感じだった。ただ、一つだけ不満があったのは、彼女の使うマッシュルームがホールだったことだ。僕はマッシュルームはスライスの方が好きだった。しかし、それは些細な問題だった。余計な事を言って、彼女自慢のトマトパスタにケチをつけるなんて、カレシとしてはあってはならないことだと思っていた。
もちろん、毎晩のように寝た。印象に残っているのは、きれいにポッコリと皮から顔を出したクリトリスだった。トマトパスタの後のクリトリスは格別だった。僕がクリ責めすると、身をよじって悶え喜んでくれた。まさにクリ責めしたくなる、甘噛み易い秀逸なクリトリスだった。
相互オナニーを続けていた女子大生とオフパコする約束に成功
だが、僕たちの別れのきっかけになったのもトマトパスタだった。僕はある時、ついつい「マッシュルームはスライスの方がいい」とこぼしてしまったのだ。すると彼女は「そうかしら?」とちょっと不満げだった。そこで僕は引けばよかったのだが、「ホールだとマッシュルームを食べているのかパスタを食べているのかわからなくなる」と力説してしまった。すると「じゃあ誰かに自分の好きなパスタを作ってもらえばいいでしょ!」と切れられたのである。
そして、それがきっかけとなり、僕たちは気まずくなって別れた。何てしょうもない理由なのだろう、とは思う。しかし、長年連れ添ってきたカップルが別れるきっかけなんて、おそらくこんなものだ。
そこから僕は独り身だ。最初こそ自由気ままに楽しんでいたが、パートナーがいない日々は僕を孤独の闇に蝕んでいった。なぜ、お互いに分かり合おうと努力しなかったのだろうか。そこで僕はホールを使ったパスタを作ってみた。僕がスライスの方がいい理由とは逆に、彼女がホールを使っていた理由があるはずだ。
すると、ホールの食感が彼女のクリトリスの噛み心地に似ていることに気づいた。もしかしたら、彼女はクリ責めを求めて、クリに似ているホールを使っていたのかもしれない・・・しかし、今となってはそれもこじつけだ。僕は泣きながらパスタを食べ続けた。
無修正のマンコ
マンコ画像