パトロン募集して、初めての面接になりました。
ハッピーメールで知り合った、38歳の男性。
音楽事務所の社長さんです。
すごい緊張した面接にはなりましたが、優しい笑顔を見せてくれました。
私の将来の夢を真剣に聞いてくれて、ほっとしました。
面接で言われたことは、しばらくデートをしたいと言うこと。
ちょっとした、お小遣いも支払うとのこと。
この提案を、友人に話してみたところ、相手の人が私の本気度を探るための試験のようなものだと言われました。
デートだけなのだから、とりあえず関係を続けろと言われたので、そうすることに。
資金援助してもらえる可能性もあります。
音楽事務所を経営している方と、デートをするようになりました。

 

 食事のお誘いは、とても多くありました。
ドライブに連れて行ってもらえるようなこともありました。
そのたび都度払いで、2万円ほどお小遣いをいただきました。
このまま関係が、パパ活程度で終わってしまうのか?
大きな援助をしてくれる、パトロンになってくれるのか?
私には、なかなか判断が付きませんでした。
それでも、音楽の話を真剣に聞いてもらえます。
私の夢を、いっぱい聞いてくれる方。
一緒にいること自体は、苦痛ではありませんでした。
私に多くを語らせてくれる。
それを真剣に聞いてくれる。
このことは、とても心地よく感じていました。

 

 Jメールでも、男性からメールを受け取りました。
この方とも面接をしてもらいました。
この方は会社経営している男性で、食事に誘われて待ち合わせしてみました。
「しばらく、デートに付き合ってもらえるかな?1回の食事で、2万円」
それでも収入になるのだからと、デートにお付き合いすることにしました。
少しでも多くの収入があれば、留学への道が開けてくるのです。
もしかしたらパトロンが欲しい私に大きな支援をしてもらえる可能性だってあるのです。